大車輪BLOGシャムキャッツ

ミタメカマキリ → シャムキャッツ × the mornings

タイトルのライブをハシゴしたのち、深夜1時からのジッパーズ練習。
朝8時に泥のように眠り、さきほど起床。
昨日は長かった!

まずは渋谷ネストにてミタメカマキリ
ミタメカマキリMySpace

1. 将来の夢
2. すけべ
3. おまえ(?)
4. すっとん
5. 新曲
6. 新曲


以前のTHREEでのライブより、序盤は少し緊張してるように見えた。
2曲目で、ギターボーカルが無駄にドラムのカウントを制して
おふざけやってるのとかすごく好きだな~。

後半は「すっとん」を終え真新しい新曲2つでしっかりアゲてくる。

特にラストに演奏された曲のインパクトが大。
ギターが一本になり16拍子(たしか)のリフとタイトな四つ打ちが延々続き、
とっく倒錯しきってから引き続き繰り広げられるスッカスカな音像。
今後のミタメカマキリを気にさせるには充分すぎた!

ステージから落ちそうになるほどふらふらしながら弾くベース、
電気制御なんじゃないかと思うほど同じ動きで全曲弾ききるギター、
メロディーラインの外し方が絶妙なボーカル、
タイトな空間を生み出すドラム、
どれ見ればいいか視界が終始忙しかった。

ミタメはタイキックマーフと同い年。メンバー半分の出身も同じ長野。
荒削りな部分をブラッシュアップしていって、
場数を踏んで行ったらどんなバンドになるのか本当に楽しみだ。

次の東京ライブは未定!
もう俺が呼ぶしかないし誰かも呼ぶべきバンド。
カメラマンのゴウキさんが顔を覚えていてくれて、少し話してモーションへ。

**

モーションに到着するとすでに好きな酒を片手にイイ顔の連中ばかり。
俺はこの後にジッパーズ練習が控えていたけど、飲酒を固く決意。

モーニングスシャムキャッツ2ステージずつ。

まずはモーニングス、昔の曲だけのセットリスト。
ジュンヤさんディレイに頼りまくりの、
西海岸の風景が浮かぶようなグッドメロディックパンク!エモい!
けいかさんが爽やかにエイトビートを刻んでいらっしゃる。
HANG OUT!に出るつもりなのかと思った。

C.M.Dやdiscoreも演奏され、メンバーのいっぱいいっぱいな顔が良かった。
1曲が長くて6曲。解説込み。持ち時間15分の倍はやってたね。
モーニングスにもあんな時代があったのだなあ。

間髪入れずフロア後方に組まれたアコースティックセットでシャムキャッツ
ああこのバンドはオッサンになって、
何かの間違いで市民会館で市民向けに演奏するようになっても
やっぱりいいバンドであり続けるんだろうな~とそんなことを考えてしまった。
つまり、とっても良かった。変な帽子とか。

30分のインターバルがあり、シャムキャッツの通常ロック演奏。
上昇気流に片足をかけ続けるような何とももどかしい雰囲気!
良いことには良かったのだけど、
今のシャムキャッツならもう3段階は上げられた気がしてならない。
ライブ中に炸裂した夏目の「思てたんと違う!」がそれを現していた。

しかしthe morningsカバーmad dancerも完全にモノになっていたし、
アンコールで演奏された渚はモーションを再び夏へ導いた。
こういうライブをした次のライブは良いステージをするシャムキャッツ
引き続くロックバンド。

2マン2ステージのシメはモーニングスの通常アヴァンギャルド演奏。
いつもよりちょい長め!

こちらはみんな自由時間。理性を横において踊る!
さっきいっぱいいっぱいだったメンバーの姿はどこへやら。
フロアもイベントの締めくくりにふさわしい、笑顔と破壊あふれる光景。
藤村とガイジンのモッシュは恐すぎることを特筆しておく。

シャムキャッツへのカバー返しでアメリカを披露。
元々変拍子ではあるけど、原曲どこいった、、?
アンコールのマッドダンサーは久しぶりにご本人が登場。
彼はステージに居るだけで誰かに担がれ、自動的にダイブさせられてしまうのだった。

打ち上げはモーションで。
俺は12時すぎたあたりで練習に向かったが、この時点でちょっとしたことになっていた。
でもあれはほんの序の口で、時間の深さに比例しすごいことになっていたらしい。

数点上がった写真見たらみんな裸なんですけど?
夏目は全部脱いだとか。
帰ってしまったシャムキャッツファンの子たちは残念!

**

一方、高田馬場のスタジオではジッパーズが着々と昔の曲のアレンジ固め。
こりゃいい感じだ。火曜日のライブが待ち遠しい!

最後に。
the mornings初のインタビュー記事がcreatalkに掲載されています。
こちらからどうぞ!
さわりだけ読んだら大車輪のこともちょっと書かれてる!めちゃ嬉しい。
田島さんも面白い人で、また今度話したいなー。

スポンサーサイト

4月3日(土)大車輪5

dsrn5.jpg


2010年4月3日(土)
新宿Motion
「 大 車 輪 5 」
【 BAND 】
シャムキャッツ
henrytennis
lost in found
東京カランコロン
みなとまち

【 FOOD 】
◇ キッチンフトシマル(from ARTLESS NOTE)


OPEN 17:00 START 18:00
adv.2,000yen door.2,300yen (+1Drink)
☆当日限定オリジナルコンピを配布!
 シャムキャッツ,みなとまち,東京カランコロン,
 thai kick murph,ARTLESS NOTEを収録。
 →コンピ詳細はこちらをチェック!

☆ドリンク2杯目以降300円

ライブ中フロア前方での撮影はご遠慮ください。

チケット予約
→当日16:30まで受付



前回に引き続きシャムキャッツが出演してくれます。
これはもう打ち上げの席で決まりました。本当にありがたい!
11月にリリースされたDVD「BGM」でもわかる通り、
パフォーマンスは日々向上、新曲もコンスタントに発表しています。
桜は咲くしチャイナは桃色!モーションをアメリカへ連れてって。

henrytennisはインストバンドという言葉がもはや似つかわしくない、
全楽器がメロディアスでビート感も溢れる本当に大好きなバンドです。
2ndアルバム「R.U.R」を聴きながら年越ししたほど。
実はイベント黎明期からずっと声をかけており、今回念願叶っての出演!
ヘンテニは、歌モノ好きな方にこそ聴いてほしいです。
(僕もほぼ歌モノしか聴きませんが、心はずっと鷲掴み!)

そしてhenrytennisのメンバーと親交のあるlost in found
タイトなドラム、ベースに柔らかいギターとシンセ、トランペット。
ボーカルはネイティブのMike!当たり前だけど本場の発音って雰囲気出るんです。
リズム隊と上モノの対比が飽きさせない和やかなポップソング。
パワーポップ好きな人も、こういう音好きなんじゃないでしょうか?

とあるバンドの企画で出会ったのは東京カランコロン
印象に残る歌詞・フレーズを内包させた、
都会的かつ懐かしさも感じさせるポップソングは単純に楽しくなります。
その楽しい部分が、これでもかってくらい増幅されていて、
独特としか言いようのないコンセプトを持ったライブは必見!

そして先駆けて発表した、みなとまち
ライフワーク的にバンドが始まったところがまず好きです。
とにかくリンクからマイスペに飛び聴いてほしい!
男女混声ボーカルの5人組(二人ともお世辞抜きに良い声)!
どこか無機質だけど温かい、普遍的なポップソングたち。
2010年、目が離せないバンドです。

FOODには前回大好評だったキッチンフトシマル
あんな美味しいフード、ライブハウスで僕は食ったことないぞ。
売れ切れ必至、今回もエレベータ前を沸かせてくれることでしょう。
ドリンクも2杯目から300円なんでガンガン食べてください。

最後に注意事項として、ライブ中のフロア前方での撮影。
今回から大車輪では原則禁止とさせていただきます。
あまりにも他のお客さんに心配りができない、自覚のない人が多く、
僕としても一括禁止は苦肉の策です。
どうしても、という方は僕まで連絡をください。

新年度の幕開けを大車輪で過ごしましょう!

the mornings / シャムキャッツ @小岩bushbash

小岩、楽しかった~~!!
慣れ親しんだ友人たち、顔だけ見たことあって初めて話した人たちなど!
おかげで飲みすぎてしまった。

ひとまず写真をアップします(と言って後で書かないパターン)

R0019561.jpgわるい顔してるふじむら

R0019562.jpg
その鳥みたいなキメ顔なに!

R0019563.jpg
KOBAYASHI RUNNNINGの小林とばんびくん

R0019564.jpg
徹夜したらしい、わじま。

R0019566.jpg
ゆとりぱんく!シーンを盛り上げるのはおまえだ!!

R0019567.jpg
チームアースカラー

R0019569.jpg
終始和やかでたのしくおしゃべり。

R0019571.jpg
えっ、きもちわるい…

R0019573.jpg
これからシャムキャッツモーニングスがガンガン盛り上げていく表明写真!!

72143849.jpg
矢崎撮影の俺。文句なしの、遺影イエイッ!!


今日の感想は「ひたすら楽しかった」しか出てこないから、
とりあえずセットリストだけ書いておく。

シャムキャッツ
1. 新曲
2. 落ちつかないのさ
3. 渚
4. おとといきやがれ
5. 忘れていたのさ
6. 僕の都合
7. 不安でも移動

the mornings
1. OPENING ACT
2. MAD DANCER
3. 秋芳洞
4. 悪いお兄さん
5. SWEET & SOUR
6. 新曲
7. amazon surf

明日はNINE SPICESに立ち寄り、夜はブリッツでゲットアップキッズ!!
ホリデイしてくる!!!

2/18 シャムキャッツ / ふくろうず @渋谷O-nest

神聖かまってちゃんは人ぎっちぎちで見れなかった。
モニターで見る限り、すごく良いライブっぽかったなあ。
画面越しに今のバンドの勢いが伝わってきた。
見れずに悔しい(自分の根性のなさとか)

でも、ふくろうずシャムキャッツともに持ち味が出ているライブで、
ふくろうずは聴かせる歌ものとしてガッチリ確立していた!
シャムキャッツは場にとても良い空気が流れていたように思う。

ふくろうず
1. マイアミ
2. フラッシュバック
3. ループする
4. バイバイ
5. 新曲
6. サタデーナイト


シャムキャッツ
1. チャイナは桃色
2. 落ちつかないのさ
3. 渚
4. 魔法の絨毯
5. 君にやさしく
6. アメリカ
7. 手づくりロック(新曲)
en.
8. 忘れていたのさ


シャムキャッツ、やった曲順がまるで覚えてない!
でも大体こんな感じだった。
そして手づくりロックがもう曲名になってて、大車輪は嫉妬している!
しかも良い曲という。

夏目くんの、ババアの話が面白かった。
最近ババアにモテモテらしい。
渚の菅原ギター、波止場の風景が思い浮かんできてすごく好き!

**

ライブ終了後は2日連続のいいちゃん、大車輪ぶりの竹内さんと話したり。
竹内さん、最近ブログを更新していて宣伝してくれました!
というか、フライヤーもかいてもらったのでした!来週くらいから配れると思います。

dsrn5.jpg

この女の子とどうしたらデートできるかばかり最近考えてる。

シャムキャッツ / ARTLESS NOTE @渋谷LUSH

今日は休日出勤。
吹きっさらしの中、設備が搬入されるのを見る。
つらいよ!!身体の芯まで冷えたよ!
仕事後にWARPでthe mornings、ザガラエキスマニアだったけど
そんな体力微塵も残ってなかった!

昨日のイベントについて軽く。

サークルノリがそのまま出ているような雰囲気!
仲間に恵まれるのは良いことだなーと思う。
ARTLESS NOTEはいわゆるアウェーだったけど良いライブしてた。
せきねが後半からノってた感じ!

1. 新曲1
2. ぬかるみ(仮)
3. 街をあるけば
4. 世界グッドモーニング
5. 耳をすませば


何かが抜けてる気がする。
目の奥やってないし、新曲2もやってない。
こんなもんだったっけ?
丁寧なライブで、CDも少し売れたみたい。
えがったよ。

次はシャムキャッツ
夏目君、サークル出身者のプライドにかけて張っているのが
バリッバリに伝わってきて熱かった!

1. チャイナは桃色
2. 渚(新曲・藤村マラカス)
3. 落ちつかないのさ
4. アメリカ
5. りんごのうた
6. 魔法の絨毯
7. 不安だけど移動(新曲・夏目マラカス)


りんごのうた、えらい久しぶりに聞いたな。
なんだかとても、心が落ち着く曲であることを再確認。
新曲は2つとも法政んときより把握できた。
ああ、そっか、こういうことがしたいのか、という。
未音源化曲が身体に馴染んでいく感じ、好きだ。

トリを飾ったTHE COCONUTSも超かっこよかった。
思春期にSKAを聴いて育ったから、裏打ちに体は反応してしまう。
リズム隊が素晴らしい仕事!!

遊びにきてたウッチー&えっちゃん、コバヤシと、
まっち棒のつけめんを食して帰宅。

**

そして昨日、大車輪5の全出演バンド発表しました!
追加発表はlost in foundです。
この音、4月に聴けるのを想像しただけでにやにやしてしまいます。
日曜日の晴れた昼下がりみたいな音楽。

あまりライブしないバンドです。
今日寒かったですし、温かい音楽に触れたければ是非!
http://www.myspace.com/liflostinfound

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。