大車輪BLOG記録

2016年注目の3組 the shaboms アナトオル・フランス わたしのねがいごと。

  • Day:2016.01.30 22:47
  • Cat:記録
2016年も1ヶ月経過!
こちら先日の雪がまだ溶けきっておらずインドアで過ごした結果、
新しく知った注目のバンドを3組紹介します。

① リハスタ音源だけ!完全に好みのコードワークとかき消えないボーカル
  the shaboms
② 日常と音のすきまと表現に対する熱さ
  アナトオル・フランス
③ のびやかなボーカルとグッドメロディー。確実に人気出る女子3人組
  わたしのねがいごと。



① the shaboms
バンドやりたいベース弾きたいの気持ちが高ぶり、
土曜日なのにベーシスト募集してるバンドずっと探してたら出会った音楽。
土曜日無駄になんなかったよかった。(もうベーシストは募集してないみたい)

編成はボーカル、ギター、ドラム。
ドラム入りの曲は途中でブツブツ切れちゃうから、ギターとボーカルだけのやつを。



まず、the shabomsがバンド名なのかすら不明。
音源もiPhoneのボイスメモで録ったであろうスタジオ練習音源しかない。
形になってから間もない、何もかもここから積み上げていく雰囲気がたまらないですね。

ギターの鳴らし方がとても好きです。メロディはありそうでなかったし耳あたり抜群。
そして埋もれそうなのに埋もれないボーカル。
倍音?周波数?なんかがチョウドエエ!
アップテンポの曲もあるのでぜひ。
まさか、メン募でリスナーとして好きな音楽に出会えるなんてラッキー!


② アナトオル・フランス
やっと彼女できた友人の彼女が好きだと言うから、
散々冷やかしたあと帰って聴いたら一瞬で
「付き合ってくれてありがとう!」てなった音楽。

ギター・ベース・ドラム全員ボーカルできるというと器用なイメージが先行する。
でもアナトオルは「すきま」(ひらがながしっくりくる)だらけだし、ゆらぎがある。
そのアナトオル独特のゆらぎの中で、
何も包まれていない熱と勢いと感情が「表現!」(ビックリマーク付けたくなる)され、
聴き手にダイレクトに届く。
なんだか心がくしゃっとして胸がググッとなる。

気持ちだけでやっているわけでもないし、
不器用だか器用だかも分からないけど、「表現!」だけは確か。
この日常の歌は果たしてどんな土台に乗り届けているのか、不思議な魅力。
今年ライブハウス賑わせてくれること間違いなし。




③ わたしのねがいごと。
ユニット名はYUKIの曲名から!の、女子3人組。
清涼感があり伸びやかなボーカルは既にメジャーへの扉を叩きまくり、
打ち破るのは時間の問題。
明日ナタリーの記事でレーベルに所属のニュースが流れてきても全然不思議じゃない。

アレンジもシンプルながら歌を引き立てるものになっているし、
ポップソングとしてものすごくしっかりしてる。
路上ライブで地道に鍛え上げただけあります。
そして極めつけとして触れなければウソだから触れますけど…このルックス!
まもなく下北沢から全国へ。
おれはモナレコ通販でCD買いました。




以上、最近知った3組でした。
今年も自分にとって新しいものを追い求めていきたいです!
あとバンドでベースが弾きたいです!

ではまた

スポンサーサイト

最近好きな音楽 (17) THE CHARM PARK

  • Day:2015.12.02 23:09
  • Cat:記録
THE CHARM PARK。
「11月のタワレコメンだから通りすがりのお前チェックしとけよ」って、
横浜のタワレコにフリーでCD-R置いてあったんですね。
ほんと偶然の出会い。聴いたのがこれ。



bandcampでアルバム全曲フルで聴けちゃうしアマゾンでも1曲100円で落とせるけど、
CDでしか聴けないインタールードをもってこのアルバムが完成されているなら!
家だけで聴くことになってもいい!
と、CD購入。ジャケもかわいいし。
(リリース時期がドンピシャだったのか、昨日ふつうの通勤電車で聴いたら、
 これが動く景色の中でも最高でした。雪とか死ぬほど合うだろうな)

プレイヤーにセットして最初から最後まで聴くのが嬉しい作品ですね。
アルバムとしての、作品としての、意味がある。
最初聴いたとき英語の発音完璧すぎてインタビュー読んだら「海外生活のほうが長い」。
前身バンドのこと調べたら「韓国系アメリカ人」。なるほどね。

「BPM早いのがチャートを賑わせていることに違和感」との発言に共感。
世界観は統一されてるのに切り口が多彩で、
同じような曲ばっか入れちゃって~!この新人たら多分2ndで開ける引き出しないよ~!と思わせない。
5曲目の「Don't Stop」のようなサンタがソリ引いてやってきそうなテンポ感の曲までできる。
そんで耳を澄ませるとたまにハッとする日本語うたってる。

録音、歌、ミックスまで全部やっちゃう系の人で、
まず思い浮かべるのはトクマルさんだけどなかなか違いますね。
ちなみに、いずれバンドになってもいいように「THE」をつけたんですって。
この人の世界観で完成されてるから充分このままでも良い気がするけどね。
なったらなったで楽しみ。コンポーザーとしても間違いないでしょう。

歌もうまいだけじゃなく、曲を立体的にみせる魅力がある。
声のブレスの入れ込み方が好きです。ほんとバランス感覚の良い人だ。



意識してないけどiPod nanoくん(もうすぐ7才)も順調に衣替え。
さむいからねよ。

最近好きな音楽 (16) Suchmos

  • Day:2015.05.28 22:11
  • Cat:記録
Suchmos - Fallin'


普通にライブハウス遊びにいってこういうバンド出てきたらビックリしそう。
巷のシティポップと言われる音楽とは一線を画した実力派。
Suchmosのコメントで、
「ソウルをやろうとしてるわけじゃなくて、いい音楽がやりたいだけ」
って書いてあるのみてなるほどなと思いました。

ライブ映像見たら予想以上にボーカルのクセが強かった!
これは音源好きな人でも好み分かれそうなところ。
ほかの曲見たらファルセットの伸びは抜群だった。
耳当たりはとてもよいです。

さて、なかなか風邪が治らない/治したいからもう寝る。
治りかけたタイミングで飲みまくってるからさ。
最近の読書はドリトル先生シリーズを絵本以外読み終え、
今度は武者小路実篤のタームに入りました。
近代小説なのに最近の文章より読みやすいし、作者の主張が明確なのがイイ。

最近好きな音楽 (14) Bad Rabbits

  • Day:2015.05.16 11:28
  • Cat:記録
Bad Rabbits - Way With Words


おれの大好きなファンクパーティーバンド。
新曲出た!アルバムも出す!ってその中から。
この1曲だけで次作への期待が高まりますね。

変わらずにソウルフルな歌声がどんと真ん中にあるんだけど、
以前の曲に比べ幾分かクールな印象を受ける。
曲全体でメロディーや声の芳醇さとリズムのタイトさを切らさずにテンションを維持させてくれる。
こういう、ずっとかっこいいフックが続く曲大好きです!

アルバムは夏ごろの予定で、テンションを爆発させるのにピッタリな時期。
サマソニのBillboard JAPAN Partyに来ないかな?と期待してたところに
同じくらい嬉しいTuxedoが発表されましたね。JB bandまで。
ということで次回はTuxedoで書きまっせ。

最近好きな音楽 (13) 環ROY と共にGWのこと

  • Day:2015.05.06 11:36
  • Cat:記録
環ROY - ワンダフル


GWは妻の友人家族を訪ねるのが恒例になっている。
このことは滞在中話さなかったけど・・
今年はある種の覚悟を持って遊びに行った。

「ですます口調、やめ!」

奥さんが去年の結婚式に来てくれて、
旦那さんは三人の可愛らしい子供たちの都合などで来れなかった。
けれど式自体が小規模だったことも関係してて、家族みんな来てもらう可能性もなくはなかった。
それくらい親密にしてるし、お互い親戚だと感じているほどの繋がりがある。
おれは夫妻とは歳が10個以上離れてるから、普通の年上の方に接するように話してた。

しかし、結婚を迎えて、今年の訪問を前に思った。

「夫妻や子供たちと、いよいよ一生の付き合いとして真剣に考えるタイミングじゃないか?」
「10年後や20年後、ずっと今の言葉遣いで接するイメージをしたときに違和感がないか?」

夫妻の振る舞いや家族から放たれるポジティブオーラは人として見習うことが多く、
初めて会ったときは衝撃すら覚え、今でも尊敬している。
男としても父としてもかっこいいのに親しみやすい旦那さんと、
そんな旦那さんと子供たちを甘えさせつつビシッと育ててる器量の大きい奥さん。
言葉にすると陳腐かもしれないがほんとにすごい夫妻であり家族なのだ。
だから崩した言葉を話すことはなかなか勇気のいることだった。
おれの妻からは「そんなの気にする人じゃない」旨伝えられてたけど。

訪問初日は人知れず迎えの車の中で心が折れそうになったりしていたが、
徐々に自分の中での違和感も消え滞在中にクリアできた。
来年からは言葉だけじゃなく中身ももっと立派になって遊びに行きたい。
環ROYの3rdから4thの間で何があったんだってくらいにはいかないかもだけど。

三人の子供たちは相変わらずとってもかわいく、成長もたくさん感じた。
一番下の子の概念の多さにはビックリで、特にふと放たれたこのセリフ。

「ええ~っ?だってデザートは別腹だもん!」

これ、今年小学校に入学した女の子が言う?!
大人の真似事じゃなく、意味分かってて腹の中から出てる言葉。
大いに笑いました。

以下、写真とともに旅行中の思い出を少し振り返ります。

IMG_7062.jpg
榛名神社へ参拝。気の引き締まる場所で、本殿と一体化してる岩の「眼」に湛えられた力は強大。

IMG_7070.jpg
風穴の冷風に触れ不思議体験を楽しむ一同。

IMG_7101a.jpg
風穴から撤収するおれ。

IMG_7078.jpg
家族の愛犬も毎年かわいくなってる。夕方のチャイムに向けて遠吠えコーラスするのがチャーミング!

IMG_7102a.jpg
昼に備えておにぎり握る一同。

IMG_7086.jpg
近所の釣堀でニジマス釣り。6歳児でもたくさん釣れるけど口から針を外せるのは立派。

IMG_7089.jpg
高崎市内を一望できるスポット。急遽、年賀状の家族写真を撮影するなどしてひと盛り上がり。


来年も遊びに行くよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。