大車輪BLOG四人編成thai kick murphスタート

四人編成thai kick murphスタート

昨日はタイキックマーフのライブ。
わけあって大車輪以来に見た。

見た感想は4人になってから一番良かったことはもとより、
「四人のthai kick murph始まった!」とやっと思えた。
それがすごく嬉しい。

前まで、わじーがいたころのエンターテイメント的な部分を
ウッチーが無理やり引き受けてた。
でもそれはわじーのようなステージ上のパフォーマンスではない。
普段のウッチーとしてのキャラをステージに持ち込んでいた。

ウッチーもわじーが(一応)弾いていたギターを
自分で全部やらなければならなくなったと同時に、
MCも任されたんだからどうやるか悩んだんじゃないかな。

でもMCのたびに身内から笑いが起こるのは、
最初は面白かったけどだんだん違うよなって思ってた。

それが悪いほうに出てしまったのが大車輪6でのライブ。

この日はヨウちゃんもお酒でかなりグダグダだった。
ライブ自体も良くなかったし、
そういうことさせるつもりでイベントやってない。

そんな自分の中での思いが、
しばらくタイキックマーフを遠ざけた。
ガッカリしたくなくて。

そして実際見なかった。


早くも年が明けて1月末。

レコーディングへ遊びにいく。
びっくりした。
めちゃかっこいいじゃん、って。
GOK近藤さんのもとで、真面目に音楽と向き合ってる彼らがいた。

じゃあライブもそうで、
音楽のエネルギーだけでやればかっこいいんじゃないか?
と思い、真っ先に思い浮かんだ「違う物」がウッチーのMC。
あれは誰が見ても音楽以外で目立ってる。

このちょっと前に俺はHINTOのライブを見ていて、
伊東さんのギターヒーローっぷりを食い入るように凝視した。
また同時に、VOLAで弾いてるときの青木さんも思い出した。
次にZAZEN BOYSのカシオメン、the band partの川崎さん。

本当にそう。
彼らは寡黙だった。

ギター弾いてるだけだからこそ放てる熱は、絶対にある。

そこで先々週、ジッパーズ練習の帰りに伝えた。

「タイキックのライブ、ウッチーMCやめたほうがいいんじゃない?
 ギターヒーローはギターヒーローに専念したほうがかっこいいよ。」

ってたしか割とストレートに。 

俺がタイキックに対して真面目にするアドバイスは、
結構影響力が強いことも分かった上で言った。

曲に充分魅力があるのに、
それとは関係のない余計なことしてるせいで
内輪の壁を破れないんじゃないかと思った時点で
黙って見てることはできなかったなあ。


そして迎えた昨日のライブ。
わざと始まるギリギリの時間にMARZの受付を通る。

ステージ上の彼らだけでバンドの状態を見たかったし、
その判断がなあなあになるのを極力避けるため。
だって彼らは会うとやっぱり大好きで、
その人柄がライブをちゃんと見させないんじゃないかと思った。

ライブはウッチーの威勢のいい
「こんばんはタイキックマーフです!」で幕開け。

しょっぱなから“ネオネオホンコン”。
ネオホンコンの新アレンジバージョンで、
個人的には何かしらアニメのOPソングになってほしい曲。

曲開始にすぐ気づいた。
レコーディング前と、音やライブへの意識の高さも全然違う。
特にウッチーがいい。あっ、ヨウちゃんもいい。
えっちゃんもコーラスがよくなってる。
フトシは言わずもがな。

四人の精神的なバランスと技量のバランスがすごく取れてる。

ウッチーは先に書いたノリを出さないようにしてるのが
よく分かるだけでなく、ギタリストとしてグンと成長してる。

普段のウッチーを引きずらずに、
thai kick murphただ一人のギタリストとしてステージに立ってた。
もう、「わじーに比べてフレーズが目立つ」だけの存在感ではなく、
己の技量を存分にフロアへ向けて放ってた。
素直にかっこいいといえる。

途中MCで声のトーンをおさえて真面目に喋ってる最中、
内輪っぽい人が笑ってたのは気になったけど
徐々にああいった人たちも引き込まれていくでしょう。
どんどん昨日の方向性でやるべき。

ライブの印象だと特に前半が良かった。
4ヶ月振りに見たから、
嬉しさに慣れる前っていうのもありそうだけど。

初っ端からウッチー楽しそうに弾いたのを見た瞬間うるっときた。
「そうそう、うん、そうだよ。ウッチーはそれだけで充分なんだよ。」って。
あの、殻を破ろうとする姿は美しく映った。

今のタイキックマーフは、バンド全体の士気が底上げされている。
「ここから次の階段を昇っていくんだ!」っていうワクワク感もある。
知らない場所へ旅に出る準備をしていて、
それを目撃できちゃったようなタイミングが昨日のライブだった。

わじーも昨日のライブには満足してた。
彼は元メンバーでありながら、
いつもタイキックをしっかりと客観的に評価してる。

245056035.jpg

何やら話すわじーとえっちゃん。

昨日は個人的に、四人としてのタイキックマーフが始まった日。

ウッチーは大きな気負いと迷いの中でのライブだったらしく、
リハまで調子良かったのに本番は全然ダメでした、、と本気で悔しがってた。
これも今までの姿勢だったら有り得ないことで、
全然まだまだタイキックが良くなることに確信を持てた。

ヨウちゃんだって「迷いが出たなぁ。良くなかったでしょ?」
って一言目に言ってきたぐらいで正直驚いた。
こんなに変わるんだな。服はTAKE MEしてたけど。

タイキックがいいライブするとビールも美味い。
いいことずくめだ。

帰るときには夕方の雨も上がっており、
月曜からの仕事に、男4人で呪いの言葉を投げかけながら
電車に乗り帰宅。


あー、ウッチーのことばかり書いた。
悔しいわ。その割に写真ないけど。
でも昨日の主役はウッチーに違いない。
ジッパーズでギター弾いてることを一層誇りに思う。

俺もがんばろう。
ここまで読んだ人も自分の何かを頑張ろう。

感傷的にさせてくれるライブだった。
ああいう時間を積み重ねていってほしい。
もう言われなくてもするか。
次見れるときも楽しみにしてるよ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。