大車輪BLOG2011.7.3 ARTLESS NOTE@新宿Motion

2011.7.3 ARTLESS NOTE@新宿Motion

日曜日は旅行帰りにドランク!
モーションファミマ前での飲酒が心地よい季節だ。

ARTLESS NOTEはフロアでのライブ。
しかもツインドラム。
ヘンなセッティングになってて、
セキネがフロアに背中を向けて歌う。
あれじゃないとドラム見えないからだろうけど。

実に3ヶ月ぶりのARTLESS NOTEだった。
ブランクを感じさせないというか、
ブランクをねじ伏せるテクニックも身についている。

メンバー3人それぞれと、曲と、各々と。
それぞれに対しての呼吸が何してもピッタリ。

たまに演奏ずれてたけどそういうことじゃあなくて。
曲の中に弾力性を見出し、遊んでいるのだ。
そのサマを見てるとパァーッと楽しい気分になる。
そうそう、アートレスのライブはこれだよなーって。

そんなアドリブとも関係ない「世界グッドモーニング」の一幕。

水谷がシンセを離れマイクで叫んでいる間、
シンセのほぼ真横でギターを弾くセキネの腕の動きが止まった。

セキネはおもむろにしぶい表情をし、人差し指を鍵盤の上にかざす。
そしてUFOキャッチャーが下降していくような動きで
「ミ」の鍵盤にタッチするかと思いきや少し手を上昇。
その横の「ミ♭」の黒鍵盤に人差し指を、
スイッチで何か作動させるようにジワッと押す。

バカバカしくて笑いが止まらなかった。
セキネのポップセンスの一面。

フロアに背を向けているため、
シンセ用アンプの裏で見てた僕しか見えてなかったんじゃないか。
もちろん僕に見せようとやってるわけじゃなくて、
「とりあえず押しとくか」くらいのテンションでやってる。

フトシがドラムを乱打し、水谷が叫び続けている間
セキネは人差し指でシンセの鍵盤を押す。
しばらく押し続けた後、腕は右方向へ一気にスライド。
左端の鍵盤を、タバコの灰でも落とす具合に2回、
チョン、チョン、と触りギタープレイへ戻る。

アホなバンドだけど曲がかっこよくポップだから笑えるんだな。
総じてとても盛り上がっていたし、
キメるとこはキメてた。

セットリストはこちら。
なかなか珍しい組み方でした。

1. 新曲
2. ドアー
3. ファン
4. 世界グッドモーニング
5. 新曲2(セキネわるものリフ)
6. 回転


ライブ後のモーション楽屋は以下の通り。

IMG_1375.jpg

IMG_1376.jpg

IMG_1377.jpg

IMG_1379.jpg

来週末のみなとまち企画も、めちゃくちゃ楽しみ~!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。