大車輪BLOG仙台&群馬旅行

仙台&群馬旅行

  • Day:2012.03.21 12:13
  • Cat:記録
人様にお世話になりっぱなしの三日間だった。

1日目~2日目朝は仙台、
2日目~3日目夜は群馬に滞在。

120316a.jpg
去年も訪れた「一仙」の牛タン。
そのときほどの衝撃はさすがになかったけど、噛み応え最高。
付け合わせも美味い。

120317a.jpg
「調理パンささき」のおっちゃんがくれた牛乳。
肝心のコッペパンの写真がないけど、非常に美味しかった。
交通事情が複雑な街で、「仙台の唯一の良心」と言いながら群馬へ向かう。

**

二日目は八木さん(仮名)宅へ泊めてもらう。
素敵なログハウスは旦那さんが設計そして施工。
それもそのはず、家づくりを生業としているのだ。

120317b.jpg
愛犬のチャコちゃん、ハウス!

120317c.jpg
熱烈歓迎(と見せかけて泊まった翌朝の写真)

120317d.jpg
夫妻の長男(小学校高学年)が作った埴輪は会心の出来。

120317e.jpg
箕輪城跡を散歩。

120317j.jpg
男たちの大事なお話。
旦那さんはとてもカッコイイし物腰柔らか。
父親として、また男としての在り方が見てるだけで勉強になる。

120317f.jpg
白衣観音像も見に行った。とんでもなくでかい。

120317g.jpg
圧倒的に圧倒。「胎内」にも入って、9階まで昇った。
天気がいまいちだったのが残念。

120317i.jpg
錦山壮(きんざんそう)も訪問。温泉でゆっくり疲れを取る。

120317h.jpg
“おっきりこみ”の山菜トッピングをいただく。
器は大げさにいうと洗面器ぐらいで、物凄い量。食っても食っても減らない!
山菜が採れるのは山よりもおっきりこみの汁だと思った。
食べごたえ抜群、おいしく完食。

**

帰る日のほぼ終電まで八木家に滞在させてもらった。
夫妻には最後の最後まで良くしてもらって申し訳なくなるくらい。
その申し訳なさを飛び越えてまた遊びに行きたい。

初対面の青年を泊めるなんて簡単にはできない。
この旅の同伴者の友人で、そこの信頼へはもちろん多大なものだけどね。
しかも、もてなしてもらって甘えちゃってスイマセン!

「今度はさ、真冬か真夏以外においでよ」って、
具体的に過ごしやすい時期とか次行く場所を明示して誘ってくれて、
もう、本当に行く!と思ったし嬉しかった。
旦那さんが焼き鳥振る舞ってくれるんだって。超食べたいし。

そして3人の子どもたちがかわいいのなんの!
とても良い環境で育っているし、夫妻のハイレベルな教育が行き届いていた。
感性豊かで皆すごくしっかりしてるのに可愛げも存分に持ち合わせてる。

出発する直前、長女に僕の似顔絵描いてもらった。
もうメロメロですわ。

写真は旅行に携わった人たちの顔が映ってるものが多めで、
ブログに載せたのはそれ以外なんで会った人に見せびらかしたい。
みんな良い顔してるんだこれが。

家族と撮った集合写真はiPhoneのロック画面に設定した。
ほんとに、最高に素敵な家族だったんだよ。

春分の日は思い出に浸りすぎて寂しかった。
たまにはそういう日があってもいい。

もう幸運にも平日が3日しかない。
年度末だし気合い入れなきゃいけないかなあ。

**

ジッパーズがライブしてからもう一年になる。
そのときの音源が聴けるのでお時間あったら→ジッパーズbandcamp
新メンバーを迎え、6月に企画やります。
詳細など後日発表しますんで気にしてくださいませ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。