大車輪BLOGBRAHMAN『超克』リリースによるインタビュー対談まとめ

BRAHMAN『超克』リリースによるインタビュー対談まとめ

  • Day:2013.02.27 23:29
  • Cat:記録
BRAHMAN『超克』が2/20リリースされました。
一週間経ちましたがペース落ちず聴き続けてます!

それで、リリースに付随するインタビュー記事がどれも面白かったんです。
TOSHI-LOWが話してるものを中心にまとめました。
インタビュアーも良い人ばっかり!
同時期にリリースしたHUSKING BEE磯部氏のインタビューも記載しました。


TOWER RECORDS ONLINE - BRAHMAN『超克』interview
“ぶっきらぼうに歌うために歌を習ってるっていう。普通は上手くなりたいから習うでしょ(笑)?
違うんですよ。バーン!ってやりたい、その説得力を出すためにはよれちゃったら意味がないから習う。”

http://tower.jp/article/interview/2013/02/20/b833-brahman


NEXUS - 磯部正文×TOSHI-LOW対談「命ある限り、バンドは続く―」
“音楽があってよかったよ。今まであんまりそんなこと言ったことないけど。
だから、早めに言ってたいっそんがずるいなって思うよな。”

前編 http://www.nexus-web.net/interview/interview/
後編 http://www.nexus-web.net/interview/interview2/


ナタリー - [Power Push] BRAHMAN「超克」インタビュー
“無駄なものを作るぐらいだったら、その無駄をなくして、本当に大事なことだけやろうと。
10年先に歌えなくなっちゃうような曲を作るのはやめようと。”

http://natalie.mu/music/pp/brahman02


別に行われたHUSKING BEEの磯部氏へのインタビューでも、
曲作りに関してTOSHI-LOWとほぼ同じ発言をしていました。
非常に面白いのでこちらも是非。


ナタリー - [Power Push] HUSKING BEE「SOMA」インタビュー
“僕はハスキンの最初の段階から「老若男女が10年後に聴いたときにもすごいいい曲だなと
感じられる曲を目指して作っていけば間違いない」と言ってきたんです。”

http://natalie.mu/music/pp/huskingbee


「10年後に聴けて、演奏できてかつ、録るときの自分たちのモードをパックする」
TOSHI-LOWとイッソンが(恐らく)偶然にも口を揃えて同じ事を言ってる。
やっぱり凄いバンドたちなんだなと思いました。

実際、この2バンドの曲は何回聴いても飽きません。
久しぶりに聴いたときも、すぐそのバンドのスイッチが入る。
10年どころかBRAHMANに至っては20年近く演奏してる曲もありますし、
どの曲が披露されるか予想つかないライブも毎回楽しみです。

新たにインタビュー見つけたら追記していきます。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。