大車輪BLOG5月、6月、

5月、6月、

  • Day:2013.07.04 12:45
  • Cat:記録
遅くなりましたが、5月6月とイベント終了しました。

お越しくださった皆様。ありがとう。
出演してくださった皆様。ありがとう。
また、池袋オルグには大変お世話になりました。ありがとう。

両日とも本当に楽しい日になりました。

5月は大車輪。

一発目のいやいやえんで良いムードできました。
彼女らは楽曲のすべてにおいて「唐突」です。狙ってできることじゃない。

POLTAは間近くで見れて嬉しかった。
どこから切っても好きなメロディー、好きなポップス。
レコーディングのんびりやってるそうなんで発表が待たれます!

sl-ciscoは松波さんの最初のMCでツカみ、一気に持ってった。
「オシャレな流れの中、いきなり、このきれいなジャイアンが叫びます」
ニューウェーブやダンサンブルな曲、幅広くどれもかっこよかった。

僕らは楽しくライブできた!
曲間がグダグダだとの指摘を受ける(翌月に修正)。

トリのタイキックは、アンコールでテレキネシスやってくれた。
Bメロで上げてからのサビでのブチ上がり展開、やはり気持ち良い。
新曲もただですら好きだったのにどんどんグルーヴ出てます。


6月はGEKIYAKU!との共同企画。

夕も屋はやはりピアノボーカル中井愉香の存在感が圧倒的。
オルグが一瞬にして彼女のものになりました。すごいなあ。
「月明かりふんわり落ちてくる夜」のカバーも炸裂、、まさに炸裂だった。

GEKIYAKU!は、鉄琴のともちゃんがドラムを叩く4人編成。
初期ストロークスを思い出す、マシーンのようなドラミングでした。
この編成であと5回くらいライブやってほしい。

そしてスライディングが普通の歩き方。
弟の感想は「ピエール瀧が二人いるかと思ったけどちゃんと役割あった」
ライブはフザけているようでパートもアレンジもしっかりしているから、
まんまとノせられてしまいものすごく楽しくなりました。

僕らは前回の反省を生かし、曲を2~3曲ずつ繋げて演奏。
緊張したけど刺激的でした。
MCでどうこうするバンドじゃないから、こういう感じがいいなあ。


なお、この日は終演後の打上げだけで
ドリンクが30杯出るという驚異的な記録が残りました!
こういう雰囲気出るイベントに関われてうれしい。


さて、これをもって予定通りジッパーズはしばらくお休み。
今のところ再開未定です。
(気まぐれバンドなのでいきなりやるかも)

今年はエアジャムがないのでサマソニに行きます。
サイレントディスコっていう奇特なコーナーがあるので行ってみたい。
http://www.summersonic.com/2013/attractions/006.html

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。