大車輪BLOG新代田FEVERでARTLESS NOTE

新代田FEVERでARTLESS NOTE

FEVERでアートレスノート初めに成功しました!
なにげに最大キャパだったのかも?音圧が気持ち良かった。

縦にデカい奴、横にデカい奴、平均的な奴の三人組。
今年もその姿を初めて見れて一安心。

1. 街をあるけば
2. KIITENNKA
3. バグ
4. パレード
5. 新曲


1曲目の「街をあるけば」からアートレス全開だった。

呼吸をするように各メンバーのアドリブが挟まれる。
ノールックで他メンバーが瞬時に反応し、先行したアドリブに合うフレーズへ切り替える。

既存の台本を受け取った瞬間に捨てて表現するようなライブ。

これ自体は毎度だし相変わらずなんだけど、
アドリブだけに演奏は毎回違うので高揚感が湧きあがってくる。
特に今回の「街」は、カッティングの混ぜ方が素晴らしかった。

「予想を裏切り期待に応える」とか高らかに宣言せずとも、
バンドの常識として当たり前にやるところがやっぱメチャカッコイイ。
(俺が無言実行のバンドが好きってのもあるけど、
 それにしてもアートレスはもう少しアピールしないと勿体ない!)

新曲は「デデデデッ、デー!デデデデッ、デンデンデンデンデンデデデデッ、デー!」のやつ
これはアドリブじゃなくてアレンジが変わってた。
以前より尺が短くなったのか緩急つけてたのか分からないけど、
以前より引き込まれてるうちに冒頭のリフに帰着。

セキネは雪山登るほどギター良くなるのか?
新ギターになって音の輪郭もクッキリしてたし歪みも良かった。
カネちゃんはタイキック辞めてからアートレスで初めての演奏。
「曲のために彼がいる」のではなく、「彼がいるから曲がある」感じが見てて嬉しくなった。
水谷は丁寧な演奏で曲のベースを支えてた。
いつものようにマイク掴んで叫んだりしなくても、音楽への熱は変わらず伝わってくる。

各パートの音がでかいからFEVERくらいのキャパだとちょうどいい。
変拍子も爆音も、全部ポップさに加担してくるのは変わらぬ魅力。

今年は音源出すと言い出してから早5年!
なにやら作業が進んでいるとかいないとか。
音源ニートのアートレス、今度こそ期待してます!

アートレスの後は、ソコラノグループ、2UP、TIALA。
忘れかけてたものを取り戻して耳が限界になったとこで帰宅。

popoに置いてあるブルックリンラガー、美味い。オススメ。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。