大車輪BLOGSUMMER SONIC 2014 day2 part.2

SUMMER SONIC 2014 day2 part.2

  • Day:2014.08.19 01:17
  • Cat:記録
どんだけ書きたいことあるんだっつうpart.2です!

【QVCスタジアムのカルビ丼】★★
やや肉が少なかったか。
しかしスタンド席で飲み食いできるのは気分が上がります!
スタジアム入場前にはギャルがホースを構える放水車が!
housuisha.jpg


【15:15~ DREAMS COME TRUE】★★★★★
1. うれしい!たのしい!大好き! 2. 愛がたどりつく場所 3. 新曲
4. AGAIN 5. LOVE LOVE LOVE 6. あの夏の花火
7. 大阪LOVER 8. 決戦は金曜日 9. 何度でも

心が震えるほど素晴らしかった!!
数多の代表曲に腰を下ろすことをまったくせず、とにかく魅せるステージ。
吉田美和しか出来ない心の掴み方だった。
サマソニベイビーズって勝手に呼ぶからね?という後々考えると親切なアナウンス。

そしてなにが凄いって、
ステージにいる全員が超一流のミュージシャンであると同時に、
超一流のエンターテイナーだったこと。
ダンサーたちも自分が歌ってるかのような表情の変わりよう!
あとPAの腕も良いからスタンドでも音がすげー聞き取れた。

セットリストもしっかりフェス仕様。
知っている曲たちが好きな曲たちに変わっていった。
ライブ中に友人と「素晴らしい!」連呼し演奏後はしばし放心。
なるほどこりゃチケット取れないわ。

【BEACH STAGE脇のビーチ】★★★
潮風最高!海に入りたくなった。
幕張の海はちょうどいい夏らしさを準備してくれてて親切。

beachwaki.jpg

【17:05~ FACT】★★
アダム、オンザステージ!! 目も耳も終始彼に釘付け。
良く通るハイトーンボイスのシャウトはFACTにおいて圧倒的だし、
完全な日本語で「もっと来いやーーー!!」と煽る煽る!
しかしメインボーカルがほとんど聞こえなかった。
ほかのコーラスは全部聞こえたのでスキルアップしたらステージでかくなりそう。

最新アルバムかなり聴いていて、
そこからの曲たくさん演奏したからけっこう楽しめました。
ラストのa fact of lifeは別格の盛り上がりで遠巻きに見ててもアガる。
あいつら砂だらけでニッコニコやん?

【18:00~ AVRIL LAVIGNE】★★★☆
最初スタンドで見てたんですが、俺も友人もウズウズしてきて
「キャキャキャキャワイイ ササササイコウ」とアヴリルがサンプラー化してる間に
アリーナに降りちゃえ!ってわーってやってたらGirlfriend始められちゃった。
ゲートくぐってからも即Rock N Rollという忙しなさ!

アヴリルは歌ってるときクールなのに、
ふとしたときの笑顔はほんとに女の子でかわいい。
歌ってるときは表情ひとつ変えず身じろぎもせず高音出すのが好き。
バックプリントがI♡JAPANのブルゾンをお召しになってたのも、
彼女の場合はほんとに嫌味じゃないですね。

適当なところで抜けようかと話してたけど、
風は気持ちいいし途中で抜ける理由もないから気づいたら最後まで見た。
ラスト2曲はComplicatedからのSk8er Boi。
アヴリルの存在感に頼らぬサービス精神に溢れたステージでした!

【19:30~ BRAHMAN】
1. PLACEBO (with 細美武士) 2. The only way 3. 賽の河原
4. 警醒 5. SEE OFF 6. BEYOND THE MOUNTAIN
7. BASIS 8. 鼎の問 9. 霹靂

夜の潮風が強めに吹く砂浜でブラフを見れる日が来るとは。
SEと共に楽器隊の3人が登場し、ややあってトシロウが登場。
スタンドマイクからマイクを抜きもう砂浜へ降りる。
過去最速の鬼神輿にさすがに場内騒然!我々も信じられず爆笑。

そして1曲目、PLACEBOはなんと細美がコーラスに参加!
さすがのキラキラボイスで初サマソニのブラフにしっかりと花を添えてた。
トシロウもいつもより丁寧に歌っててベストなPLACEBOに立ち会えた。
その様子がこちら!

「大丈夫大丈夫、ゲートの後ろで見てる奴らにも届くようにでっけえ声で歌うから!」
と盛り立ててからのThe only wayも予想外でまたまた沸きに沸く砂まみれのキッズ。
歌も演奏もガッチリ噛み合っていてまさに波のような勢いのライブだった。

MCではオファーが2週間前に来て、
東北ライブハウス大作戦の名前が入ってて断れない何かがあったけど条件を提示した。
それはRAINBOW STAGEでトリをつとめるハイエイタスの時間をずらすこと。
(当初の時間ではブラフと被ってしまい、潰し合ってもしょうがないからという理由)
ステージスタッフとして東北ライブハウス大作戦のスタッフを入れること、など、、

すぐに了承してくれたハイエイタスやスタッフ、
そしてそれら全部飲んでくれたサマーソニックに感謝の言葉を述べていました。
最初数秒はステージでMCやってて「落ち着かねえ」つって砂浜で神輿され、
「定位置にやってきました」からのMC開始だったけれども!

来年はもっとでかいステージで見れるといいな~。
とても良いBRAHMANで大満足。

【20:30~ the HIATUS】★★★
友人と別れ完全に一人で何見ようかなってなったときに生身の音が聴きたくて、
この流れだとハイエイタスかなってことで逆らわず。
メンバー全員それぞれの雰囲気違うのに細美の歌中心にまとまってて、
暴食暴飲後にさっぱりしたデザート食べたときの感覚に近かった。

気づくとやっぱりウエノの弾きっぷりを凝視。
ジャケットびしっと来てスキニーパンツでプレベがつっと弾いてる。
ずっとそうあってほしいし、きっとそうに違いないのでしょう。


ハイエイタス後にクラフトワークに向かう手もあったけど、
足が限界に達してたのでおとなしく退散。
入口で写真撮影頼まれ係などやって家路に着きました。

大きな目当てがいなくてもかなり楽しめることが分かったので、
どう転んでもサマソニは毎回参加するフェスになりました。
2日目気づいたら午後は邦楽アーティストばっかりだったけれど!
時間帯と環境で想像して見るステージ決めた結果です。

また来年、出演者発表から楽しみに待ってます!
シーユーネクストー!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。