大車輪BLOGSEBASTIAN X

SWAN SONG COUNCIL vol.11 3日目

あけましておめでとうございます。
とりあえず元気なまま厄年が終わり、ホッとしています!

昨日はスワンソング3日目に参加。
良いライブ納めとなりました。
ちょっと家でゆっくりしたくて、the morningsから参加。

もう、モーニングスの後のことなんて考えないという思いでMotionに到着!
楽屋に荷物を置かせてもらい、コート、カーディガン、シャツを脱ぐ。
Tシャツ1枚と軽めのお酒で気分はアスリート(うそです)
最近親睦を深めた友人と話しつつ待機!

1. MAD DANCER
2. 秋芳洞
3. OPENING ACT
4. 新曲
5. amazon surf
6. SWEET & SOUR
7. 新曲


新曲新曲と書いてるけど以前も見たことあるやつで、
特に7曲目はAIR JAMパンクキッズ世代直撃の曲展開でモーションの破壊に成功!

ポンタさんがマッドサンサーで弦切った時点で、
この日のモーニングスは決まったも同然だったな~。
煽りが通常の8割増しで会場もアテられまくり!
ジュンヤさんも早速ギター捨ててステージで踊ってたし!

amazon surfから後の記憶がダイブとモッシュと笑顔しかない。
あのイントロ鳴るとスカムダンスの自動操縦モード。
出番前のセバスチャンいいだが一番暴れていて心配になったぞ!
ガイジンが混じっていて、彼らのモッシュの重さは正直きついけども
素晴らしいサークルピット&異文化交流納めとなった。

ライブ後はSEBASTIAN Xまでモーションで死亡。
(今現在も腕は痣だらけ、首はバキバキです!)
ウッチーとかと話し、コートを交換。
あいつ僕のPコートめっちゃ似合う。

無事復活してMARZへ移動!
昨日のSEBASTIAN Xは、去年見た全てのライブでも5本の指に入るくらい!

1. LIFE PLEATS
2. 世界のガッシャーン
3. ASO
4. ワンダフルワールド
5. 若き日々よ
6. 食卓の賛歌


まなっちゃんの目の前で見ていたのだけど、
あの雰囲気、高揚感はなんだったんだ。
もう色々起こりすぎて、僕の記憶がまったく文字に著せません。
ここで帰っちまっても全然よかったな。

食卓の賛歌の大合唱起こったときの飯田の顔、
マジ忘れらんねえ!!!!!
大好きな彼ら、セバスチャンXを2/9レコ発で待ち構える!!
わああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!
(大好きな気持ちを叫びであらわしました)

そしてそのままMARZでオワリカラ。
もちろん、えらい盛り上がりました。

1. teardrop
2. MANGA
3. 十代から始める革命講座
4. ドアたち
5. 砂場


会場混沌!
MANGAんときがすんげーことになってたな。
あちこちで人が宙を舞い、あちこちに運搬されてた。
その現場にはもちろんモーニングスの面々がいる!

砂場ではカメダくんがスピーカーをよじのぼり2階に到着、
そして一瞬でステージに戻ってくるという人力イリュージョンを展開!
気づいたら立ちつくしてまじまじと見てしまっていたよ。

ここいらで腹が減ったから、友人らと日高屋へ(2日連続)
年越し蕎麦かと思いきや僕は炒飯食べました。
年越し手からも麺類口にしてないな。
ウッチーの「隅っこの人間」についての熱弁を聞き、
一緒にモーションへ。

henrytennisを見に行ったのだけど、なにやら様子がおかしい。
なんと、キッシーさんが負傷してしまい、
急きょ代役で4 bonjour's partiesのマーシーさんが叩くことになったと!!
たまたま遊びにきただけで一度も合わせたことない。

しかし会場は奥村さんが喋り出すやいなや異常な盛り上がりを見せ、
スリリングなドラム(もちろん技術的にはまったく問題はないけど曲複雑だから)で
新しい楽しみ方ができました。
Jesus / Valencia Raincoats

バレンシアは途中で展開をミスって止まって(でもすごく盛り上がって)、
いったんはそこでやめようとしたけど
会場の「もっとやれ!!!」に応えて曲の途中から再度演奏!
いやー楽しかった。年の瀬やな。

レコ発が一週間後だけど、キッシーさんは骨折れてるかもぐらいの怪我らしいし、
どのような編成でやるんだろうか。
そしてやっぱりキッシーさんには一刻も早く復活してほしいです!

ここまで見てかなり満足したから、
さっきとは違う友人たちとともに退散。
僕は一人、電車の中でひっそり年越し。

大晦日から重要で濃密な連絡のやり取りがあり、
心そこに在らずだったから年越しの形なんてどうでもよかったのだ。
今年は大きく変わります。

そんなわけで、大車輪5の告知、
実はもうツイッターで始まっていますが、ブチかまします!
ブログではもう間もなくしたら。

それでは今年もよろしくお願いします!

SEBASTIAN X / 東京カランコロン @渋谷LUSH

昨日は雨の中渋谷LUSHへ!
電車で、もらった本を読もうとするもあえなく爆睡。
好きなときに読めるからいいよね。

着くとまもなくSEBASTIAN X!

1. ツアー・スターピープル
2. 新世界によろしく
3. ワンダフルワールド
4. 若き日々よ
5. 食卓の賛歌


ASO抜きだったが気持ちの良いライブでした!
せばっちゃんのライブは意外と女の子が多いんですね。
なぜか後ろいくにつれ男率が上昇。
せばすちゃんは前のほうが断然楽しいぜ男子たちよ!

昨日はいいだが演奏開始15分前に現地入りしたらしい。
ステージ上で謝ってた。
まなっちゃんは二次元みたいなリボンつけてた。
「私、2.5次元だからさっ!!」と言われ妙に納得。

前日から9℃も気温が上昇すると、キノコがよく育つって
おっきーに言われたってありりが言ってた。
植えていなかった。しくじった!


そして次が東京カランコロン。
こちらもSEBASTIAN X企画ぶりのライブ!

1. アンダスタンドできません
2. ノッピキナラナイ存在感
3. デスクの上のミッチャン
4. ランドマークで行き止まり
5. マドモアゼルと呼んでくれ


世界観が確立されたライブを見るのは楽しいです。

とにもかくにも、
アンダスタンドできませんの一音目ギターからニヤニヤが止まらない。
メンバー全員から目が離せないんですよね。
特に上手(うわて)の日本松さんとサトウケン氏!
この2人が限りなく自由なのに、ぐしゃっとした印象がないのがすごい。
コンセプトありきのライブをしてることに起因してるのでしょう。

5曲目は印象的なシンセフレーズのイントロから、
ピタッと音がやむAメロからの展開が面白い曲。

もっともっと多くの人をステージに導いてくれるバンドだと思うので、
是非ライブ&音源をチェックしてない人は急いでください。
→東京カランコロン MySpace



**

カランコロンのいちろー氏がものすごくフランクな方で、
初対面で握手5回にハグ3回した。お互いシラフですよ!
ベースのサトウケン氏もそうとうさわがしくて、
こりゃー端から端まで面白いバンドで改めて好きだ!!と思ったのでした。

あと大車輪4をキッカケにSEBASTIAN Xを見て
今日のライブに遊びにきてる人と知り合ったり、
セバスチャンXと美味しいご飯を食べようとするも
僕の終電がアウトで実現しなかったりと有意義な時間を過ごせました!
ありりのアウターが謎の質感だった。

**

今日はゆっくりしているか、
グッドマンにてモーニングスとかstudent a見てくるかです。
メガネが欲しい。欲しい。欲しい。

SEBASTIAN X 自主企画 『タンタララン vol.3』

SEBASTIAN X企画イン新代田FEVER。
企画の二週間前くらいにいーだとWiennersを見に行ったのですが、
そんときに不安だなー不安だなーと漏らしていた。
けど、僕は絶対人入るよ!と言ったし確信してました。
だってCD素晴らしいんだもんよ。

結果、やっぱりFEVERがいっぱいになっていた!

SEBASTIAN Xのライブ自体もいいテンションを当日に持ってきてました。
ツアースターピープルのラスサビ前のパートでたまらず両腕を突き上げたら、
背後から長州くんに肩を組まれ前方に一緒に突進!!

ああいうの楽しんだもん勝ち、といったらダメなのかな。
でも積極的に楽しむ人が雰囲気をつくっていくんだ。
それは間違いない。

01. ワンダフルワールド
02. 新世界によろしく
03. ツアー・スターピープル
04. 高速眼鏡図鑑
05. 世界のガッシャーン
06. ASO
07. エイリアンズ
08. 若き日々よ
09. 食卓の賛歌
10. LIFE PLEATS
en.
11. KAN KAN 環七(来場者配布CD収録曲)
12. 遺言


LIFE PLEATSはこの規模の会場が一番ハマる。
あとはアルバム発表に伴い制作されたワンダフルとツアーの2曲がそう。
長州くんとその連れの女の子と肩組んで前方に突進してからは、
とにかく楽しくて終演後に知人にも突っ込まれるくらい。

いーだの動きも広いステージの隙間を埋めるようにキレッキレで、
たまにやりすぎてベースがおろそかになっちゃう感じがさいこうね。
最終的に指つってた。やりすぎ。やりすぎたい。

すがわらくんとも楽しく話せたし、
終演後に食ったラーメンは美味かったし良い日だった。

そういえば東京カランコロンも良くてCDを買って帰りましたよ!
オワリカラはヒョウリくんが風邪でしんどそうだけど、
相変わらずの意識の高さでカバーしていた。ロックだ。
曲目:teardrop / MANGA / 勇敢なるビイヒヤナウ / 砂場

笹口さんの弾き語りは2回とも笑えたし、
ほんとにイベント通してパッケージでおいしくいただきました。

また明日から仕事がんばろう。

大車輪5に向けても、そろそろ。
毎回のことだけど隅から隅までゼロから検討&実行してゆきます。
お楽しみに!僕も楽しみ。

SEBASTIAN XをexPoP、riddim saunterをタワレコ、そして…!

10/29

SEBASTIAN Xが出るexPoP!!!!!を見にネストへ。
みんなインフルは大丈夫みたいで一安心。
届いたばかりのアルバムをいーだが捌いたり売ったりしていた。
物販の主担当は彼なのかな。

ライブは初ネストということで、
ステージの広さにテンションあがったのが分かって非常に楽しかった!!
少々荒削りな部分もむしろバンドの勢い!
この日は撮影が入っていたけど、「使える曲あったかな…?」と不安げなメンバー。
今のきみらならだいじょうぶ!

1. ツアー・スターピープル
2. ワンダフルワールド
3. 世界のガッシャーン
4. ASO
5. 若き日々よ
6. エイリアンズ


先行発売のアルバム買ったけどすげーイイです!!!!
やっぱりね改めて曲がいい。雰囲気が好き。そこに尽きる。
友人らと飲む約束をして帰宅。

**

10/30

渋谷タワレコへriddim saunterのインストア。
B1Fではなく1Fで全然姿がみえねーっつーの!
でもそんな環境でも楽しませてくれるリディムはすげーと思った。
プロ根だわ、ありゃ。

その後は見に来ていた大学の友人と、彼の勤務先の先輩Iさんとで飲み。
後から大学の友人ら2人が合流したけど
ずっと勤務先のIさんと話していた!

いやーーー初対面であそこまでテンション上がったの初めてかもぐらい。
すごいグイグイくる人なんだけど、全然不快じゃなくて
むしろ気づいたら自分の中身が引っ張り出されてる感じ。バレてる感じ。
連絡先を交換して終電で帰宅。
すげー楽しかったなー。

そしてGELLERS復活。きましたね。
初めてこの情報聞いた時は飛び上がった。

2010年1月23日(土)
下北沢SHELTER
『GELLERS presents ~POLYNIC Vol.5~』

出演:Gellers / moools / Artless Note

開場18:00/開演18:30 ● 前売¥2,000(D別)
*チケットはプレイガイドにて近日発売

問:下北沢SHELTER[03-3466-7430]


ゲラーズほど普通に活動してる間はぞんざいに扱われて、
いざ休止が発表されたらファンが湧いて出てきたバンドもなかなかいないよなあ。
国民性に翻弄されたとも言えるけど、
あの活動休止ライブの日に見に来た人の1/10でも変わる変わる見に来れば
ゲラーズはずっと活動していたようにも思えてならんのです。

今頃そんなこといってもどうしようもないから先を見ましょう。
この復活ライブはARTLESS NOTEも出るし、僕としてはお祭りです!
めっちゃ楽しみだ!

明日はモーションを破壊。

SEBASTIAN X ツアー・スターピープルPV!

大車輪のとき、楽屋でも見させてもらったんですが
やっぱりこのPV、セバスチャンらしさ全快でとても良い!!!!

きみにあいにゆーこう!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。